【剧情】露米耶(温泉)的回忆

回忆四

ルミエ:申し訳ございませんでした!

ルミエは鬼の石像に向かって深々と頭を下げた。

ルミエ:チラッ……ひえっ!?やっぱりまだ怒ってる!

キャトラ:石像だから顔色は変わんないわよ。

ルミエ:早くツノを探してもとに戻さないと……

アイリス:あの、ルミエさん……看板に『ツノなし鬼』って書いてますけど……

ルミエ:え? じゃあもとからこの鬼は……

キャトラ:取り越し苦労だったみたいね。

ルミエ:でも、だったらどうして祟りが……

キャトラ:だからそれは……

死ねやー!!!

主人公

突如、ガラの悪い男が現れ、ルミエにナイフを振った。

ルミエ:わっと!? 間一髪!

チンピラA:ちぃ、次は仕留める!

キャトラ:ぎにゃー!!!

チンピラA:ぐっ!?

チンピラA:クソッ!用心棒を雇いやがったか……

チンピラA:だが、この人数をどう相手する?

アイリス:囲まれてる……

キャトラ:さすがにこの人数はまずいわね……

ルミエ:なんでこんな……わたしがなにしたっていうの……

チンピラA:しらばっくれんじゃねえ!さっさと例のものを出しやがれ!

ルミエ:なんのこと!

チンピラB:……兄貴。ようやくヤツを捕らえました。

チンピラA:そいつは良い知らせだ。

チンピラA:おい、女。これを見ても同じことが言えるか?

オドロ:すまないルミエ……

ルミエ:ダディ!?

チンピラC:おっと、動くとこのオヤジに風穴が空くぜ。

ルミエ:やめて! なんでダディまで……

チンピラA:やたらと俺らのことを嗅ぎまわってるからだよ。

オドロ:私はただ、娘が心配で……君たちが妙な真似をするから……

チンピラA:悪いのは娘のほうだ。写真なんか撮りやがって。

ルミエ:写真って……

チンピラB:兄貴、そろそろ移動しましょう。ここでは人目が……

チンピラA:だな。人質もできたことだし……

ルミエ:待って!

チンピラA:おら、アジトの地図だ。親父を助けたきゃ写真をもってこい。

チンピラA:妙な真似をしたら……わかってるよな?

オドロ:ルミエ、逃げろ!私のことは気にするな!

チンピラA:うるせえ! 早くこっちに来い!

ルミエ:ダディ……

发表评论

电子邮件地址不会被公开。