【剧情】露米耶(温泉)的回忆

回忆三

ルミエ:……はあ……

キャトラ:ずいぶん沈んでるわね。

ルミエ:最近、不幸続きなんだ……

アイリス:え?

ルミエ:街を歩いてたら、上から植木鉢が落ちてきたり……

ルミエ:崖の近くを歩いてたら、なにかに背中を押されたり……

ルミエ:トマトがいつもより酸っぱかったり……他にもいろいろ……

ルミエ:どれも間一髪で助かったからよかったけど……

キャトラ:トマトは不幸と関係ないような……

アイリス:でも、どうしてそんな……

ルミエ:鬼の祟りだよ……

主人公

ルミエ:わたしが鬼の石像のツノを壊したから!それで……

キャトラ:…………

ルミエ:うう……心霊写真なんか撮りにいくんじゃなかった……

ルミエ:あれからずっと誰かに見られてる気がするし……

ルミエ:きっと鬼の霊が、わたしを恨んで……

キャトラ:……なんかクサイわね。

ルミエ:ひどい!お風呂は毎日入ってるよ!

キャトラ:そうじゃなくて!それってほんとに祟りなの?

ルミエ:祟りだよぉ……

キャトラ:話を聞いてると、心霊現象というより人為的なものを感じるのよね。

ルミエ:そんなの現実逃避だよ!

キャトラ:そうじゃなくてー!

主人公

ルミエ:とにかく、これから石像に謝りにいってくる!

ルミエ:ツノを戻せば、きっと許してくれるよ!ああ、でもひとりじゃ……

アイリス:よければ、ついていきましょうか?

ルミエ:ほんと!?

キャトラ:気になることもあるしね。

キャトラ:それじゃあ、先頭はまかせたわよ……

ルミエ:わ、わたしは真ん中がいい!

アイリス:ふたりとも、もう怖がってる……!

主人公

发表评论

电子邮件地址不会被公开。