【剧情】露米耶(温泉)的回忆

回忆二

ルミエ:お香も焚いたし、数珠も持ったし、大丈夫、大丈夫……

ルミエ:うぅ……それにしても遅いなぁ……

ルミエ!

ルミエ:セツナ! よかった〜、ひとりじゃ心細くて……

セツナ:あたしだってそうだよ……

ルミエ:え? トワは?

セツナ:用事があるから来れないって……

ルミエ:そんな……トワがいないと除霊が……

セツナ:待って!ここってもしかして、そういうところ?

ルミエ:うん……アオイの島でも有名な心霊スポットだって……

セツナ:なにそれ、やだ!? 今すぐ帰る!

ルミエ:行かないで〜!わたしにはやることが〜!

セツナ:わ、わかったから、そんなにべったりくっつかないで……

ルミエ:ごめんね。そばにいてくれるだけでいいから。

セツナ:で、なにするの?

ルミエ:写真撮影だよ。

ルミエ:もう2枚……

セツナ:ねえ、こんなところで写真撮ったら変なのが写ってるんじゃ……

ルミエ:そ、それが目的だしね……怪談のネタになるから……

ルミエ:でも、撮った写真は怖くて見れないかも……

セツナ:も、もう用事はすんだ?早く帰ろうよ……

ルミエ:そだね……

ルミエ:な、なんかいる〜!?

星たぬき:キュッ?

セツナ:なんだ、星たぬきか……

ルミエ:いたたたた……

セツナ:どうしたの? 大丈夫?

ルミエ:びっくりして、なにかにぶつかったみたい……

ルミエが視線を上げると、ツノの折れた鬼の石像がこちらを睨みつけていた。

ルミエ:ひえええっ!?

セツナ:お、落ち着いて、ただの石像だから。

ルミエ:ツノが折れてる……もしかして、わたしがぶつかったせいで……

セツナ:直そう。でないと祟られそうだし。

ルミエ:で、でも……暗くてツノがどこに落ちてるのか……

セツナ:きゃあああっ!? オバケ〜〜〜!

ルミエ:待ってセツナ!置いてかないで〜!

二人はこのとき、気づかなかった――

鬼の石像の前には看板が立っており、そこには『ツノなし鬼』と書かれていたことを。

――それと――

???:…………

发表评论

电子邮件地址不会被公开。