【剧情】白猫温泉物语2 – 第六章(日文)

怖がりな旅馆

――旅館。受付。

トワ:え? 他のお客様と相部屋ですか?

セツナ:それって二人が泊まれる部屋がないってこと?

セオリ:すまへんなぁ。こちらの手違いで……

ゴエモン:いいじゃねえか。部屋代を折半できるし。

セオリ:あんたはだまっとき!誰のせいやと思っとるんや!

トワ:まあ、仕方ないですね。

セツナ:いいんじゃない、楽しそうだし。それで誰と相部屋するの?

セツナ:まさか男性……

セオリ:そこは配慮して、女性限定にしとるよ。

セオリ:一応、あんたらを含めて五人部屋や。ちなみに、一人ならもう来とるで。

ルミエ:ダディとは別々の旅館か……

トワ:あ、あの……あなたが相部屋の?

ルミエ:てことは、あなたたちが?よかった、優しそう。

セツナ:あたしはセツナでこっちはトワ。二人とも巫女なんだ。よろしくね。

ルミエ:わたしはルミエ。おばけだよ。

セツナ:え? オバ、オバ……

トワ:セツナ、落ち着いて。どう見ても霊体ではありませんよ。

セツナ:どういうこと?

キャトラ:ややこしいけど、<おばけ>っていう種族で寿命もあるし病気もする。

キャトラ:半獣みたいなものと思ってくれていいわ。

セツナ:よくわかんないけど、オバケじゃないってことよね。

ルミエ:おばけだよ?

トワ:じー……

ルミエ:な、なに……?

トワ:あなたの背後から嫌な気配を感じます。

ルミエ:ま、まさか、幽霊がカバンの中に……

ルミエ:ひえええっ!? やっぱりー!

セツナ:きゃああっ! オバケ!巫女パンチ! 巫女エルボー!

セツナ:やだー! すり抜けるー!

トワ:はあ……物理効かない系の除霊は私の役目でしたよね。仕方ありません……

トワ:今も賜る天津水を天の真名井の真清水と受けしめ給え……

トワ:神火清――

ルミエ:えひーー!!!

トワ:え、えひ?

ルミエ:うう……頭が痛い……割れそう……

トワ:…………

トワ:神火――

ルミエ:えひーーーー!!!

セツナ:ど、どったのあの子?

トワ:おそらく、私の除霊術が効いてるのだと。

セツナ:なにそれ。やっぱりあの子、オバケ?

ルミエ:ごめん……その呪文、もうやめて……

トワ:……まあ、結界を張ったので、私のそばにいれば霊は近づけません。

ルミエ:ほんと!?

トワ:だ、だからって抱きつかれると……

セツナ:待って! あたしもトワに!

トワ:あ、あなたまで、苦しいですよ……

キャトラ:両手に花ね。

トワ:はあ……セツナが二人に増えたみたいです……

Leave a Reply