【剧情】白猫温泉物语2 – 第四章(日文)

憧れの温泉

トワ:見てください、<泥んこ温泉>です!

トワ:この温泉の泥には美肌効果があるんですよ。ちなみに、お湯が白いのは硫黄が空気に触れることで……

セツナ:ちょっとちょっと、落ち着いて!

トワ:す、すみません。このような温泉を見るのは初めてだったので。

セツナ:アオイの島の温泉はトワの憧れだったもんね。

トワ:クジョウのお風呂も風情があって素敵でしたが、やはり本物は違います。

セツナ:なんでもいいけど、その服は汚さないでね。

トワ:わかってます。セツナが私のために買ってくれたんですもの。

トワ:本当にありがとうございます。

セツナ:べ、べつに反物デザイナーを目指してる身としては、コーディネートの勉強になるし……

セツナ:トワにはいっつも服買ってもらってるし、その恩返しというか……

トワ:気にしなくていいのに……

セツナ:こ、この話は終わり!さあ、温泉巡り再開よ!トワのオススメは?

トワ:この近くですと<鬼地獄温泉>が面白そうですね。

…………

……

鬼の長老:ここに立っているだけでよいのですか?

ゴエモン:ああ、地獄の門番みたいで雰囲気ばっちしだ。

セオリ:長老はん、すまへんな……

鬼の長老:いえいえ、アオイの復興のためですから。

セツナ:なにあれ、オバ、じゃなくて鬼か……よかった。

トワ:それなら拳を下ろしてください。

主人公

キャトラ:トワとセツナも観光にきてたのね。

セツナ:ねえ、あの温泉。赤くて沸騰してるみたいだけど入れるの?

ホメ様:ノー。このあたりの温泉、目でエンジョイするもの。

セツナ:だ、誰?なんか温泉に詳しそうだけど……

トワ:あなたはもしやホメ様……!

セツナ:ホメ様?

トワ:温泉通の間では知る人ぞ知るお方です。

トワ:よもや本人と出会えるなんて……サインいただけますか?

ホメ様:イエ〜ス。これ、どうぞ。

トワ:家宝にいたします。

主人公

セツナ:うーん……この赤い温泉にも飽きてきた……

セツナ:ねえ、ホメ様。他におもしろい温泉知らない?

ホメ様:それなら<丸坊主温泉>ね。グレーの熱泥が沸騰する様子がマルボウズに見えることから……

トワ:あ、あの温泉のことですね。

ホメ様:ノー。あっちね。

トワ:しかし、お坊さんが滝に打たれて……

ホメ様:ホワイ?

ベンケイ:一滴の湯も、滴りつもれば泉となる。

キャトラ:ベンケイ!? アイツ、なんで滝行なんかしてんのよ!

セオリ:明らかに営業妨害や!ゴエモンはん! なんとかしー!

ゴエモン:む、無理だー!

セオリ:なに泣いとんねーん!

ゴエモン:あいつには勝てねえ……勝てねえんだよ!

セオリ:はあ?そないなこと言っとる場合や……

ホメ様:アメイジング!沐浴の功徳。ワビサビね。

トワ:見てるこちらも穢れが洗われていくようです……

セツナ:お、拝むの?

キャトラ:やるわね、ベンケイ。よくわかんないけど、坊主を逆手にとったのね。

ベンケイ:そういうことじゃねえだろ。

发表评论