【剧情】白猫温泉物语2 – 第二章(日文)

癒やしのサクランボ

シエラ:さあ、着いたわよフレイヤ。

フレイヤ:それには語弊があります。ここまで運んだのは私です。

シエラ:……ねえ、もしかして怒ってる?

フレイヤ:怒ってはいません。あなたと共に旅をするのは楽しいですから。

フレイヤ:ただ……限度というものがあるでしょう。

シエラ:ご、ごめんね。楽しくてつい、あちこち飛び回って……

シエラ:サクランボあげるから、許してくれる?

フレイヤ:冗談ですよ。そもそも、この島を探していたのは私のためなのでしょう?

シエラ:……うん。ファブニールとの戦いで、フレイヤにはずいぶん負担をかけちゃったから。

シエラ:だからアオイの島の温泉で、疲れを癒やしてもらおうと……

フレイヤ:温泉なら私たちの島にもあるというのに……

フレイヤ:しかし、シエラの気持ちは大事にしましょう。

シエラ:……ありがとう。

シエラ:それにしても人が多いわね……

フレイヤ:人間にはあまり関わりたくないのですが……

シエラ:おかしいわね。静かに過ごせるって聞いてたのに……

フレイヤ:私はそこの岩場にいますから。

シエラ:そんな、待ってフレイ――

観光客A:ねえねえ見た?サクランボの温泉だって。

観光客B:買い物終わったら、行ってみっか。

フレイヤ:…………

シエラ:フレイヤ?

フレイヤ:サクランボの温泉。……少し、興味があります。

シエラ:そ、そう。それはよかったわ。

シエラ:それじゃ、その温泉に入りにいこっか。

フレイヤ:その前にシエラ、あなたの服装はここでは目立ち過ぎます。

シエラ:目立つって……この服はフレイヤの魔力で作られてるんだけど?

フレイヤ:ですので、作り変えましょう。

シエラ:これは……カタナ?

フレイヤ:この国に合わせてみました。これで多少は目立たないでしょう。

フレイヤ:それに私もこの姿になれば……

フレイヤは己の体を縮小し、シエラの手のひらに乗った。

シエラ:そういえばあなた、体の大きさを変えられるんだったわね。久しぶりに見たわ、それ。

フレイヤ:変える理由がありませんでしたからね。

フレイヤ:では、参りましょう。

…………

……

シエラ:この匂い……本当にサクランボね。

フレイヤ:シエラも湯船に浸かったらどうです。

シエラ:うん。でもその前に、体を流さないと。えっと風呂桶は……

シエラ:あ、あった。なにこれ、可愛いデザインね……

フレイヤ:早く来なさい。

シエラ:おっ待たせ〜。

フレイヤ:飛び込まないでください。……そういうところは、いつまで経っても子供ですね。

シエラ:……泳いでいい?

フレイヤ:ダメです。一緒に入るたびに聞きますね、それ。

シエラ:泳ぐと気持ちいいじゃない。

フレイヤ:あがる時は10数えるのですよ。

シエラ:はーい。

发表评论