【剧情】白猫温泉物语2 – 第一章(日文)

アオイの危機

――アオイの島。季節は春。

本国は自慢の温泉を他国へアピールし、観光客を集める運動を行なっていた。

ミカドであるセオリ自ら温泉大使として一意奮闘し、この企画は大成功を収めた……

――はずだったのだが。

キャトラ:観光客がほとんど見当たらないわね……

アイリス:以前の街の活気はどこに……

キャトラ:セオリに呼ばれて来たものの、なんだか嫌な予感が……

セオリ:みなは〜ん……

キャトラ:ちょっとセオリ!ボロボロじゃない!?

セオリ:遠路はるばるすまへんな……

セオリ:本来ならもてなすべきなんやけど、諸事情により堪忍な……

キャトラ:諸事情って……

セオリ:見ての通り、温泉事業は大失敗。懐はスカスカや………

アイリス:どうしてそんな……

セオリ:不況の波に襲われたといえば、それまでなんやが……

セオリ:観光客からしたら、アオイの島に来るだけで旅費がようさんかかるからな……

セオリ:風呂なら近場で事足りる……たぶんそういうこっちゃね……

キャトラ:どうにもならないの?

セオリ:サービスを向上したくても、その銭がないからな……

キャトラ:八方塞がりね……

セオリ:そこでや!

キャトラ:急にどないした!

アイリス:キャトラ、口調うつっとるで!

主人公

セオリ:これを見てみい!

キャトラ:その本がなに……?

セオリ:これは温泉界の生ける伝説、ホメ様の著書や。

キャトラ:ホメ……さま?

セオリ:ファンの間では敬意を込めてそう呼んどるらしいで。

アイリス:そんなに有名なの?

セオリ:温泉のすべてを知り、温泉に人生を捧げ、温泉を評価する。まさに温泉キング。

セオリ:ほんで、ホメ様に紹介された温泉は一夜にして観光客が殺到するほど人気になるっちゅー噂や。

アイリス:すごいわね……

キャトラ:それで、そのひとがなんなの?

セオリ:実はホメ様が近々、この国に訪れるそうなんや。

キャトラ:おっ、それはチャンスね。

セオリ:せやから、ホメ様がアオイの島の温泉を気に入ってくれるように工夫をしたいんやけど……

キャトラ:……ふむ。それで元親善大使であるキャトラさんの手を借りたいというわけね。

セオリ:せや!キャトラは企画力に長けとるし、マスコットキャラとしても優秀や!

キャトラ:せや! このキャトラさんが力を貸すからにはあんじょうよろしゅうやで!

キャトラ:ねっ! 、アイリス!

アイリス:……う、うん。

主人公

セオリ:おおきに! ほんなら、さっそく企画を考えるでぇ!

发表评论