【剧情】白猫温泉物语2 – 第十一章(日文)

油売り

油売り:この刀でもって、60と4枚の紙がズバッと、一束と28枚だ!ほらこの通り、細かく切れた。

油売り:これをパッと散らせば、アオイの国に舞う吹雪にござーい!はあっ!

油売り:さて、この天下の銘刀にガマの油。この膏薬をば。刀の差表、差裏に塗るときた。

油売り:これでこの通り。刃物の切れ味ピタリと止まり、伸ばした腕に刀を打てど……

油売り:切れない!叩いても切れない……!押しても切れない……!

油売り:引いても絶対に――

ホメ様:これぞワビサビー!

油売り:ぐわあっ!?切れちゃったよー!

ホメ様:Oh……ソーリー……

ルウシェ:いました! ホメ様です!

油売り:やい、おっさん!どうしてくれんだ!この傷じゃ口上続けられねえよ!

ホメ様:ど、土下座するね……

シエラ:どうしたの?揉めてるみたいだけど……

油売り:ん?そこのお嬢ちゃん、刀持ってんな。もしよかったら、俺の代わりにガマの油を売らないか?

シエラ:突然なに言い出すの……!?

ゴエモン:いや、ここは受けろ。ホメ助に恩を売るチャンスだ。

シエラ:けど、どうやれば……

ゴエモン:なーに、適当に宣伝すりゃいい。なんならゴマ油にでもすり替えとくか。

シエラ:……わかったわ。ゴマ油ならなんとか。

トワ:私たちになにか手伝えることは……

シエラ:なら、野菜を買ってきて。

ルミエ:へ?

…………

……

シエラ:このぶつ切りにした大根を、ひとつ持ちまして。

シエラ:刀の刃を表面に当てがい、ゆっくりと滑らせ、薄くむいていきます。

シエラ:クルクルクル……

油売り:こいつは見事な<桂むき>だな……

シエラ:続いて、薄く切った大根を数枚重ねまして……二つ折りにしたら……

シエラ:はああっ!

セツナ:なんちゅう早業……

トワ:これは見事な<千切り>ですね……

ルウシェ:一つ一つが糸のように細いです……

シエラ:これを先ほど作ったサラダの上に添えて、ゴマ油をかければ……

シエラ:はい、シャキシャキサラダの完成!

ルミエ:トマトも入ってて美味しそう……

シエラ:サラダもいいけど、油もね。

油売り:いやー、たいしたもんだよ。まさかこんな売り方があったとは。ガマ油じゃねえが。

シエラ:ホメ様も喜んでくれたかしら……

ホメ様:ノット・ワサビ……

シエラ:わ、わさび?

ホメ様:ノット・ワサビーーー!!!

シエラ:ええっ!?

ゴエモン:クソッ!油じゃなくてワサビをサラダに入れるべきだったのか……

シエラ:ごめん。意味がよく……

ホメ様:ノット・ワサビ!イエス・ワビサビーーー!!!

ゴエモン:自分でツッコミ入れて、無理やり我に返りやがった!

ゴエモン:怒ってるのに我にってどういうことだよ!俺も自分にツッコミ入れてんじゃねえよ!

トワ:そんなことより、ホメ様がまたどこかに。

ルミエ:追いかけよう!

Leave a Reply