【剧情】白猫温泉物语2 – 第三章(日文)

心霊射的

ルミエ:ひえええっ!? 鬼ぃ〜〜〜!

オドロ:それはただのお面なんだな。

ルミエ:さっきまで出店なんかなかったのに……

オドロ:この島で超常現象が起きてるみたいだね。

ルミエ:なにそれ、怖い……くわばらくわばら……

オドロ:なんだい。魔除けのお札なんか出して……

ルミエ:他にもあるよ。パワーストーンに唐辛子、八角形の鏡に……

オドロ:おかしいな〜。今までそんなの、持ってなかったのに。

ルミエ:だって、わたしには幽霊が取り憑いてて……

ルミエ:ひええっ!? またでたー!!!

オドロ:その幽霊、見えるようになったんだね。

ルミエ:うん。前にね、幽体離脱を経験したの。そしたら霊感が身について……

オドロ:よかったね。私の娘なのに霊感がまったくなかったから。

ルミエ:やだよ……勝手に物が動いたり、突然破裂音がしたり……

ルミエ:それが自然現象じゃなくて、幽霊の仕業だったなんてぇ!

オドロ:<怪談師>にとってはいいことじゃないか。

ルミエ:そ、そうだけど……

オドロ:立派な怪談師になると言ったのは嘘かい?

ルミエ:嘘じゃないよ!わたしはダディに負担をかけないために……

ルミエ:……だから、怖いけど我慢する。

オドロ:……そうか。それにしても、さすがはアオイの島だね。観光客がいっぱいだ。

ルミエ:温泉で有名なんだよね?

オドロ:そうなんだな。それで<おばけの島>のPRに役立つかもと、バケコちゃんに調査を頼まれたんだ。

ルミエ:なら、いわくつきの宿とか心霊スポットとか、寄り道しちゃダメだよ。

オドロ:どうして? せっかくカメラを持ってきてるんだから、心霊写真の一つや二つ……

ルミエ:これは護身用だよ。ほら、幽霊ってカメラのフラッシュに弱いって聞くし……

オドロ:やれやれ……

ルミエ:でも、記念撮影くらいはしたいよね。

ルミエ:あ、あそこの橋の上で撮ろう。ダディ、カメラお願い。

オドロ:はいはい。わかったから、焦らずゆっくりね。

ルミエ:ダディ〜、準備できたよ〜。

オドロ:えっと……このボタンを押せばいいんだな。

オドロ:はい、チーズ。

<ルーントイカメラ>はシャッターを切ると、幽霊の口から写真を吐き出す仕組みだ。

ルミエ:どう? 撮れた撮れた?

オドロ:待って。今、写真を乾かすから。

オドロが写真を振ると、橋の真ん中に立つルミエの姿が浮かび上がってきた。

ルミエ:白目になったりしてないかな……

オドロ:大丈夫みたいだよ。

ルミエ:ほっ……

オドロ:でも、おかしいな〜、おかしいな〜。

ルミエ:え?

オドロ:ここ、ルミエが両手でピースしてるだろ。なのにもう一本、間にスーと手が生えて……

ルミエ:ひえええっ!? 3本っ!?

ホメ様:ソーリーね。それ、ミーの腕。

オドロ:おや、このひとが後ろに写り込んでいたのか。

ルミエ:あわわわ……わ……わ……

ホメ様:ワッツ!? 気絶?

オドロ:ちょっと、医者を探してきますので娘を看ていてもらえますか?

ホメ様:親子の絆。ベリーナイスね。

Leave a Reply