【剧情】白猫温泉物语2 – 第十章(日文)

ターザン

シエラ:思ったより高いわね。けど……

トワ:この高台からならホメ様の居場所を特定できるかもしれません。

ルミエ:ねえ、なにこのロープ!?向こうにスーって伸びてるよ……まさかここは、いわくつきの……

ゴエモン:ただのアスレチックコースだよ。ちなみにそれは<ターザンロープ>な。

セツナ:なにそれ?

ゴエモン:向こうにもう一つ高台が見えるだろ?その間をつなぐのは全長100メートルのロープのみ。

ゴエモン:そこを滑車の付いたロープにしがみつき行き来する、スリル満点の遊戯よ。

ルウシェ:なんだか楽しそうですね。

ゴエモン:気晴らしにやってみるか。その前に先客がいるみてえだが……

セツナ:遠くてよく見えないけど、あの後ろ姿はもしかして……

ホメ様:ノット・ワビサビ!ノット・ワビサビ!

シエラ:どう見てもホメ様ね……しかも……

ホメ様が滑車の付いたロープにしがみつき、空中滑走している。あれよあれよと向こう側の高台へと移動してしまった。

トワ:……追いかけましょう。

ルミエ:追いかけるって……わたしたちもターザンやるの?

ゴエモン:そう来ると思って、滑車を手元に戻しといたぞ。で、誰からいく?

トワ:とは言ったものの、この高さで命綱なしとは……

ルミエ:落ちたら絶対に助からないよね……

ルウシェ:では、私からいってもいいですか?

ルウシェ:えい♪

ルウシェ:ふふふ、風が気持ちいいですね♪

セツナ:難なく向こうに渡りきっちゃった……

ルウシェ:みなさんも早くこちらに〜。

トワ:そう言われましても……

シエラ:次は私がいくわね。高いところは平気だし。

シエラ:ほっ。

シエラ:いやっほ〜♪

ルミエ:シエラも渡りきっちゃった……

トワ:このまま手間取っていては、ホメ様を見失ってしまいます。

トワ:ここは心を決めて……

セツナ:待ってトワ! あたしもいく!

ルミエ:え、やだ! 置いてかないで!

トワ:ちょ、こんなときまで、離れてください、3人同時にいけるわけ……

セツナ:あ、浮いた……

ルミエ:ひえぇ!?トワが落ちたらわたしも……

トワ:私じゃなくてロープを掴んでください!

ゴエモン:ほお。3人だからよりスピードが出るな。

トワ:い、いやあああああっ!?

ルウシェ:……お疲れ様です。

ルミエ:あわわわ……わたし、足ついてる?

セツナ:大丈夫、みんな生きてる……

ゴエモン:っしゃ! 残すは俺だな!

ゴエモン:ずいぶん時間食ったからな!ここはフルスピードでいくぜ!

ゴエモン:うおぉぉぉらぁぁああああっ!!!

ゴエモン:やべっ、飛ばしすぎた!?おいお前ら、俺を受け止めてくれ!

ゴエモン:サンキュー!愛してるぜお前らー!!!

ゴエモン:避けんなやーーーっ!!!

トワ:この高さから落ちましたね……

シエラ:……たぶん、大丈夫でしょ。

发表评论