【剧情】白猫温泉物语2 – 第七章(日文)

怒れるホメ様

ゴエモン:誰かが言った、温泉といえば露天風呂と。

キャトラ:ぶるぶる……それは知らないけど、なんでこんなところに施設を……

セオリ:この山からはアオイの国を一望できる。

セオリ:湯に浸かり、優美な景色を堪能する……考えたなゴエモンはん!

ホメ様:…………

アイリス:ホメ様が景色を眺めているわ。

キャトラ:気に入ってくれてるみたいね。

ホメ様:巨大滑り台に、プラネタリウム……あれはフィットネスジムね。

ゴエモン:いかにも。更には親子も楽しめる温泉観覧車に温泉アスレチックも御座候。

セオリ:いつの間にそない建てたんや。

ゴエモン:アイデアが湯水のように湧き出てな。俺はこれからも温泉界の最先端をひた走る!

ホメ様:ノー、ノー……オー、ノー……ノー……

ゴエモン:ん? なにをぶつぶつ……

ホメ様:ノォーーーーーーッ!!!

セオリ:ホ、ホメ様……?

ホメ様:ガッデム!ワビサビってなによ!

ゴエモン:お、おい、なにキレてんだよ……

シエラ:いやっほー!

シエラが足元のボードを操り、ゆらりゆらりと雪の上にカーブを描いていく。

セツナ:すごっ……<スノーボード>なんてどこで覚えたの?

シエラ:私の島では冬になると雪が積もるの。それでよくこれで遊んでいたわ。

ルウシェ:あとでご教授願いたいです。

ルミエ:ひえぇ……グラグラする……

トワ:ルミエさん、離れてください、私まで、揺れ、て、ます、から……

キャトラ:スキー場まで建ててたのね。

ゴエモン:遊戯で体を疲弊させ、湯への意欲を煽る策よ。

ゴエモン:ほら、お前もカリカリしとらんで戯れて……

ホメ様:HA HA HA! そうね。じゃあこのスキー板、借りるよ。

ゴエモン:ストックは?

ホメ様:ノープロブレム。ミーがやるのは、スキージャンプね。

ゴエモン:ん? ジャンプ台なんかねえけど?

ホメ様:オーケーよ!壁をフォールダウンね!

セオリ:ちょ、ようわからんけど早まったら……

ホメ様:ヒアウィ・ゴーーーーッ!!!

セオリ:あかーん!!!

ホメ様が雪の斜面を高速で滑り降りていく!目の前には崖が迫る! 迫る!

加速したホメ様は山の外へ放り出された。吹きつける強風に服は脱げ、どういうわけか腰にタオル一枚という姿になっていた。

キャトラ:というか大丈夫なの!?この高さよ!

アイリス:見て、山のふもとに温泉が!

滑空するホメ様は山のふもとにある温泉のど真ん中に着水した。

ホメ様:……ガッデ〜ム……

ゴエモン:……どうやら、無事みてえだな。

キャトラ:よくここからはっきり見えるわね?

ゴエモン:視力20.5だからな。そんな単位あるか知らねえが。

ゴエモン:それよりあいつ、まだ怒ってるぞ。

ホメ様:Oh ここ、ローズヒップ温泉?ベリベリオシャレね。

ホメ様:……バット! ノット・ワビサビ!

ルル:お風呂上がりにソースはいかがですか〜。今なら無料です〜。

ホメ様:HEY! そこの売り子ガール!ソース、プリーズ!

ルル:どうぞ。<インフィニティX>です。

ゴエモン:あいつ、ソースなんか買ってどうする気だ?

セオリ:は? どんな展開やねん。

ゴエモン:げっ、しかもそのソースを頭からかぶりやがった……

ゴエモン:お湯がみるみる茶色く染まっていくぞ!

セオリ:ホメ様がそんな無作法なことするわけ……

キャトラ:え? なにあれ?空に巨大な物体が……!

アイリス:ちょうどホメ様のいる温泉の真上に……

突如として現れた巨大な鉄の塊が温泉に落下し、激しい飛沫と共にホメ様を吹き飛ばした。

ルル:大丈夫ですか?

ホメ様:…………

ホメ様:イエッス!温泉ブロークン!フォーーーーッ!

ゴエモン:温泉がめちゃめちゃになって喜んでんぞ。

セオリ:ホメ様がなんでそんな……

キャトラ:むむっ!

アイリス:どうしたのキャトラ?

キャトラ:山が揺れてる……!

主人公

发表评论