【剧情】白猫温泉物语2 – 第五章(日文)

オンステージ

ピレスタ:パンパカパーン!この空っぽの箱からなんと……

イルマ:じゃーん!!!

ピレスタ:以上、びっくり仰天サーカスショーでした!

ルウシェ:すごかったですね、騎士様。

アシュレイ:このステージでは、様々な芸が観られるらしい。

ホメ様:ブラボー。おひねりを投げてあげるね。

セオリ:この企画はわるくないで、ゴエモンはん。

ゴエモン:フラッシュアイデアだ。お前の雷が脳天直撃したのが功を奏した。

セオリ:ほんなら、あと百発くらいぶちこんだろか。

ゴエモン:そいつは勘弁。これからステージがあるんでな。

セオリ:は?

ルウシェ:あ、次の芸が始まるみたいですよ。

アシュレイ:あいつは足湯のときの……

ルウシェ:あの楽器を演奏するのでしょうか?

ゴエモン:…………

ゴエモンはサックスを投げ捨てた!

セオリ:吹かんのかーい!

ゴエモン:まだ練習中なんだよ!

セオリ:じゃあ、なんでステージに上がったんや!

ゴエモン:わかったよ!じゃあ踊ればいいんだろ踊れば!

セオリ:ヤケになんなや!

ゴエモン:カモン・バックダンサー!

ルネッタ:明けない夜に酔いしれて♪

ゴエモン:特効!

チヨ:折り鶴、いつでも飛ばせるよ。

セオリ:なんや、ちゃっかり準備しとるやないか……

ゴエモン:ミュージック・スタ――

ゴエモン:お、おい、なんだてめえ、ダンサー以外は……

ゴエモンマン:…………

ルウシェ:えっと……

キャトラ:アオイの国全体が静まり返ってるみたいだわ。

ホメ様:Oh〜、これもワビサビね。

セオリ:あかん……完全に事故や……

ルウシェ:こ、これは……なにやら一大事のようですね。

アシュレイ:ルウシェ、何をする気だ?

ルウシェ:私の芸で、この窮地をお救いいたします……

…………

……

ルウシェ:……ご静聴、ありがとうございました。

アンコール! アンコール!

セオリ:えらい、盛り上がっとるな。

キャトラ:ルウシェの歌やダンス、上達してるわね。

アイリス:アイドル活動、気に入ってたみたいだしね。

アシュレイ:……今日だけは目を瞑っておこう。

ホメ様:ワォ……アイドル。カルチャーショックね。

キャトラ:なんとかホメ様も満足してるみたい。

主人公

ルウシェ:ふふ、どうでしたか騎士様。

アシュレイ:アイドルは危険だと、再三言っている。

ルウシェ:は、はい……ところで騎士様。そのお皿は?

アシュレイ:もしものときは、皿回しを披露しようと思ってな。

ルウシェ:変わった特技をお持ちで……

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

67 − 64 =