【剧情】白猫温泉物语2 – 第五章(日文)

ゴエモンフィッシュ

ルウシェ:騎士様、大丈夫ですか?顔色が優れないようですが……

アシュレイ:少し疲れただけだ。

ルウシェ:それはいけません。あそこで腰を落ち着けましょう。休憩してる方が大勢いますし。

ルウシェ:……しかし、様子が変ですね。みなさん、足をお湯に……?

アシュレイ:<足湯>だな。ちょうどいい、俺たちも入るぞ。

ルウシェとアシュレイは足先をお湯に浸けた。

ルウシェ:あったかくて気持ちいいですね。

アシュレイ:む? 湯の中に小魚が……

女性客:あら、ドクターフィッシュは初めて?

ルウシェ:ドクターフィッシュ?

女性客:魚たちが足の角質を食べてくれてね。お肌がツルツルになるの。

ルウシェ:なんと……!

アシュレイ:……小魚が足に集まってきたな。

ルウシェ:ふふ、くすぐったいですね。

アシュレイ:…………

ルウシェ:あ、ダメです、指の間は……

アシュレイ:…………

ルウシェ:ドクターフィッシュ、楽しいですね騎士様。

アシュレイ:……ああ、こそばゆい。

ルウシェ:え? 金魚?

カガリ:きんさ〜ん、どこですか〜。

ルウシェ:イルカ?

アシュレイ:どういうことだ。さっきから妙なものが流れてくるぞ。

ルウシェ:なんだか、わくわくしますね♪

キャトラ:ちょっとゴエモン、なに流しちゃってんのよ。

ゴエモン:今の時代、物珍しさが大事なのだよ。

ゴエモン:特別な体験を周囲に晒し、褒められ、承認欲求を満たす。これが昨今の風潮だ。

ホメ様:イイネ。

ゴエモン:はい、ゲット。

セオリ:なんの話や。てか、ホメ様が足湯に入っとらん時点であかんのんやないか?

ゴエモン:じゃあ、どうなってもいいな。次はこいつを流すぞ。

キャトラ:そのギザギザした魚はもしかして……

ゴエモン:ピラニアだ!

セオリ:ド ア ホ ォ ォ ッ ! !

ゴエモン:ぬわああああ!!!

アイリス:セオリちゃんの雷が直撃したわ!?

アシュレイ:なんだ今のは? 突然、空が……

ルウシェ:あ、見てください。またなにか流れてきますよ。

ゴエモン:あ、あぁぁ……

ルウシェ:ひ、人です!

アシュレイ:変質者か。

ルウシェ:待ってください。なにやら気を失っているようです。

ルウシェ:聖霊の御名において、溺れる者に救いの手を。

キャトラ:ダメよ、ルウシェ!それ以上近づくと、ゴエモンの唇が足に……

アシュレイ:てやっ!!!

アシュレイ:……ルウシェ、怪我はないか?

ルウシェ:は、はい……

アイリス:ゴエモンさん、あがってこないわね……

セオリ:イイネ。使い方おうとるか?

主人公

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

47 − 41 =